サロネーゼブログとは?
このブログは、
サロネーゼや専門講師、またサロネーゼ事務局からの最新情報、活動状況を発信していきます。

2016/07/13

モデルハウス空間ディスプレイ装飾~テーマ:「ナチュラル&アーバンスタイル」

ナチュラル&アーバンスタイル

Sunday Brunch ~家族でゆっくり過ごす、贅沢な休日を演出 ~

 

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

 

空間ディスプレイ装飾①:リビング

テーマは、「奥様のTea Time ~アロマ、ハーブティーで癒しの時間~

 

【Before】

壁は白く、窓は大きく、吹き抜けになっている明るい空間に、

濃い色のラグやサイズの大きいクッションが、空間を重たく感じさせていました。

 

 

【After】

明るい空間に合う柔らかな素材と軽やかな色使い、光を通す小物類に変更しました。

 

 

大きめサイズのクッション3つが視界を遮っていたので、二回りほど小さいものに変更しています。

 

 

 

ちょっとしたことですが、目線も遮られなくなってスッキリと空間が広く感じられるようになりました。

 

 

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

 

ディスプレイ装飾②:ダイニング

テーマは、

家族でBrunch ~手作りのパン、ジュース、コーヒーをいただき、会話を楽しむ休日~

 

【Before】

 

【After】

家族で過ごす休日のプチ特別感を演出するために、テーブルランナーはサイドゾーンに敷き、ホテルのブッフェの光景で見るようなドリンクステーション風にディスプレイしました。

リビング同様に、光を通す小物に変更し、木⇒ガラスを多用しています。

 

 

 

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

 

空間ディスプレイ装飾③:キッチン

テーマは、「家族でBrunch ~こだわりの物達が並ぶ~

 

【Before】

キッチンカウンターはじめ、所狭しと様々な小物がただひたすら置かれている状況でした。

 

 

 

 

【After】

ハーブのスタンドがポイント。お料理、ハーブ好きな奥様の女性らしい小物をディスプレイしました。

 

 

 

【Before】

飾り棚の上も空ビンやマカロニの入ったビンなどがアットランダムに置かれていました

 

 

【After】

コーヒー好きのご主人がこだわりのグッツをディスプレイし、黒板には遊び心のあるご主人がチョークでメニューを書いているという設定に。

 

黒板の文字は今回も空間ディスプレイ装飾を担当してくださいました、

食空間プロジェクト㈱様のスタッフさんが書いてくださいました(*^_^*)

 

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

 

空間ディスプレイ装飾④:寝室&書斎コーナー

テーマは、「安らぎの時間 ~癒しのグリーン~

 

【Before】

南国リゾートという設定に合わせ、エキゾチックな色の小物で演出されていました。

 

 

【After】

寝室という場所なので、柔らかい色と肌触りの、安らぎのある寝具やファブリックに変更。

 

 

【Before】

ベッドの対面にある書斎コーナーです。

 

 

【After】

洋書を置き、グリーンを多めにディスプレイしました。

 

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

 

【実施場所】

三井ホーム株式会社 街なかモデル加平

 

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

 

【企画プロデュース】

企画プロデュース サロネーゼ倶楽部

 

【コーディネート協力】

コーディネート協力 食空間プロジェクトマリナーゼインテリア

食空間プロジェクト株式会社ウェブサイト http://www.fspj.jp/

 

下記で詳しい解説付きのコーディネート記事がご覧いただけます

http://ameblo.jp/fspj2011/entry-12163944593.html

 

毎回素敵な小物装飾ディスプレイを手掛けてくださいます、食空間プロジェクト㈱の皆さま。

今回はインテリアコーディネーターの鈴木亜希さんがメインでプランニングしてくださいました。

最後は慈道美奈子さんのチェックが入って完成します(*^_^*)

この連携プレイには惚れ惚れするほど、仕事っぷりがとってもかっこいい皆さまです!

[ ナチュラル&アーバンスタイル]

2016/07/12

「美味しく魅せる!お料理プレートを楽しみましょう」~住まいるサロネーゼ講座7月号~

積水ハウス株式会社横浜北支店様で毎月発行されている住まいる通信

 

7月は、銀座でポーセリンペインティング教室atelier HAZELを主宰されている、

山村晃子先生に執筆をご担当いただきました。

 

「美味しく魅せる!

 お料理プレートを楽しみましょう。」

 

お料理は作るのも楽しいですが、どのデザインのお皿に盛りつけるか、何色のお皿に盛りつけるか、演出方法を考えるのも楽しいですよね!私は作るより演出方法を考える方が断然好きですが。。。

 

コラムでは、山村晃子先生おすすめのプレート選びの楽しみ方をご紹介してくださっています♪

 

 

ポーセリンペインティング教室atelier HAZEL 主宰 山村晃子先生

http://www.salonese.org/lecturer/detail/187.html

http://ameblo.jp/atelier-hazel/

 

 

 

[■ 「住まいるサロネーゼ講座」連載]

2016/07/11

フランス直輸入のヴィンテージビーズで素敵なネックレスつくりました!

横浜ホームコレクション6月の女性のためのセンスアップ講座は、

「初夏のヴィンテージフラワーネックレス」づくりを開催しました♪

 

いつも大人気クラフトアーティスト野呂ひろみ先生のワークショップは、やはり今回も大人気で、

午前の部も午後の部もあっという間に満席(*^_^*)

 

 

材料は全て、野呂先生がフランスで買い付けてきたヴィンテージビーズばかり。

レクタングルグリーンのビーズ、スフレビーズ、ガラスビーズ、白い球体のビーズ、

すべてがヴィンテージで、ポイントになっているお花の留め具は、

お店に50個しかなかったという超・超貴重なパーツでした!!

 

 

4種類のビーズをひたすら繋げていく作業。

ひとつ間違えるとやり直しになるのでみなさん集中して手を動かしていました。

 

 

本当はいつもなら、みんさんの作品を並べて撮影会するのですが、

今回は同じデザインなので、野呂先生の作品集の写真を最後に・・・(^^♪

 

 

使われているビーズは、野呂先生が運営しているショッピングサイト、

フランス直輸入ハンドメイド素材のセレクトショップ「ルール・ブルー」で取り扱っているので

ぜひアクセスしてみてください。

[ 横浜ホームコレクション]

2016/07/08

「白茶」と「黒茶」を飲みながら楽しく学んだ中国茶♪

毎月開催している「女性のためのセンスアップ講座」6月の渋谷は、

『心と身体を癒し、巡りを良くする、美味しい中国茶講座』でした。

 

 

 

講師はサロネーゼ会員でティーセラピスト・HarmonyHeartコンサルタントのクロノアユミ先生

横浜市の自宅中国茶サロン「サロン・ド・クロノ」は、“ヒミツの隠れ家”と呼ばれているそうです(笑)

ウェブサイトをご覧いただくとおわかりいただけますが、きっと訪れてみたくなりますよ(*^_^*)

 

さて、この日は「白・黄・緑・青・紅・黒+花」と分類される中国茶のうち、

「白茶」と「黒茶」にスポットを当てて、実際に飲んでいただきながら、

その効能や特徴などをお話しいただきました。

 

 

今回クロノ先生が用意してくださいましたのは、

散熱効果の高い「白茶」の“白牡丹”と、身体を温め巡りを良くする「黒茶」の“宮廷普洱茶”

 

 

中国茶はお茶請けと一緒に♪ テーブルにはクロノ先生が紫陽花を飾ってくださいました。

 

聞いたことのない中国茶の茶葉と右は普洱茶のかたまり(@_@)

 

スーツ姿の男性に合わせるからか仕方のないことですが、

この時期は外の暑さと、冷房の効いた室内の温度差で、女性には酷な季節。

体内は熱がこもりがちになって巡りが悪くなり内臓が冷えてしまうそうです。

 

そんなときこそ散熱効果の高い「白茶」と、身体を温めて巡りを良くする「黒茶」を

上手に取り入れるのがいいんですね♪

 

これは普洱茶の茶葉を固めてつくられた物だそうです

 

クロノアユミ先生、ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました!

サロネーゼ俱楽部事務局 倉石

 

[ 東京ホームズコレクション]

2016/07/07

【実施レポート】WEDGWOOD(ウェッジウッド)セミナー

こんにちは、サロネーゼ俱楽部事務局の倉石です。

 

遅くなりましたが、先月開催したサロネーゼ ライブラリー セミナー

ウェッジウッドPRの顔、芦田直子さんが語るウェッジウッドの世界】の様子をご報告します。

 

 

会場は弊社赤坂オフィスの会議室。

気楽な気持ちで参加していただくセミナー”がコンセプトですが、

ご覧のとおり、皆さま一生懸命にメモを取っていて非常に勉強熱心(^_^;)

 

サロネーゼライブラリーセミナー

 

私も皆さまと一緒にウェッジウッドの話が聞きたかったのですが、そこは主催側の宿命で、

終始裏方に徹していたのでほとんど聞けませんでしたが^^;、時折後ろに立ち、

企画して良かったなと思いながら皆さまの様子を拝見していました。

 

 

6月29日に発売された新商品のスウィート プラム ダマスクも、一足早く、

特別にご披露いただきました。

 

スウィート プラム ダマスクは、2006年に誕生した人気パターンスウィート プラム

10周年を記念して誕生した新作です。

 

淡い黄色にプラムや草花の絵がとても爽やかで明るくて、テーブルの上がパッ~と華やかになりますね!

 

ラインナップはWEDGWOODさんのウェブサイトをぜひご覧ください。

★ http://www.wedgwood.jp/whats_new/newproducts/post_43.html

★ http://www.wedgwood.jp/sp10th/

 

 

新商品の写真を撮ろうと思った時には既に片付けが終わっているという失態を犯してしまい、

サロネーゼ会員の中野恵美子先生に新商品写真をお譲りいただきました(・.・;)

 

 

初回ということもあり、お話しをお聞きいただきながら、

2015年に50周年を迎えた人気パターン、ワイルド ストロベリーのティープレートと

ティーカップ&ソーサーでスイーツと紅茶もお愉しみいただきました。

 

紅茶はどちらもWEDGWOOD TEAで、1杯目はイングリッシュブレックファースト、

2杯目は「スウィート プラム」のティーカップ&ソーサーでアッサムを。

スイーツは赤坂見附では有名な洋菓子店しろたえのベリータルトをお召し上がりいただきました。

 

 

 

最後に、セミナー後のアンケートでお寄せいただいた嬉しい声の一部をご紹介します!

 

■特に印象に残った内容は何でしたか?

◇普段ショップや広告ではうかがい知ることのできないウェッジウッドのマインドコンセプトを知ることができました。共感することが多々ございました。

 

◇ジョサイア・ウェッジウッドが残した言葉、考え方がとても印象に残りました。
・芸術と技術の融合
・美しい形は、偶然には生まれない
一流もの物には、一流である理由がある。当たり前の事ですが、セミナーを受けさせて頂いて再確認致しました。

 

■全体の感想を教えてください

◇興味ある内容が凝縮された、とても学びの多い講座でした

 

◇ウェッジウッド広報担当の方のお話を伺えるという貴重な体験ができたこと、ありがとうございました。ウェッジウッドの食器は、美しさや優雅さを感じます。世界的にも愛されている理由がよくわかりました。それを楽しまないのはもったいないと、お話を伺いながら感じました。

 

◇貴重なお話を伺えた充実したセミナーでした。一般的な話だけでなく、実際にそのブランドに携わっている方からこそのお話も伺えた点が満足です。ケーキと紅茶をいただきながらというのも、リラックスした雰囲気になり良かったと思います。

 

◇サロンを運営していく上で皆様に喜んでいただける知識を学ぶことができたように感じます。
イギリスの方々のTeaへの思い。だからこそ、生まれたウェッジウッドの世界、器の役割を改めて感じさせて頂きました。

 

 

最後は19世紀のイギリスの政治家ウィリアム・グラッドストンの明言で締めくくり、終了となりました。

 

If you are cold, tea will warm you.
(もしもあなたが寒い時、紅茶はあなたを暖めてくれるでしょう)

If you are heated, it will cool you.
(もしもあなたが暑い時、紅茶はあなたを冷やしてくれるでしょう)

If you are depressed, it will cheer you.
(もしもあなたの気分が落ち込んでいる時、紅茶はあなたを元気付けてくれるでしょう)

If you are excited, it will calm you.
(もしもあなたの気分が高ぶっている時、紅茶はあなたを鎮めてくれるでしょう)

 

 

芦田直子さん、アシスタントで来てくださいましたスタッフの方々、

ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

私も、企画をとおしてWEDGWOODの世界に触れることができた貴重な機会になりました!

 

 

■英国陶磁器ブランド WEDGWOOD(ウェッジウッド)

http://www.wedgwood.jp/

 

 

次回の「サロネーゼ ライブラリー セミナー」は、『マナトレーディング インテリア セミナー』です。

ウィリアムモリスとサンダーソンのブランドヒストリーやデザインをメインに、

英国のインテリアファブリックについて、数々のセミナーで登壇されている

プランニング・PRマネージャーの中尾幸子さんにお話しいただきます。

詳細・お申込み方法はこちらからhttp://blog.salonese.org/?p=8431

[ ウェッジウッド(WEDGWOOD)]

SALONESE CLUB サロネーゼ倶楽部はこちら

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー一覧