ミーティング

2014/10/01

サロネーゼ会員 のまたのりこ先生インタビュー

クラフトアーティスト・ペイントデザイナー のまたのりこ先生

【プロフィール】
練馬区の自宅サロンにて「ロマンティックな贈り物を」テーマにフルールサロン(フルールフラットアート)主宰。お花をモチーフにしたクラフト・ペイント講習を行っています。 ヨーロッパの伝統的なスパイスアレンジメントをオリジナルでアレンジ。忙しい現代社会の中で、大人の女性がゆとりの時間を持ち、香りと色に癒されながら、明日への活力となるようなパワースポット的なサロンを目指しています。

 

………………………………………………………………………………

 

―自宅サロン名の由来は何ですか?

フルールはフランス語で「花」という意味。花を描くクラフトを中心に展開しているので「フルールフラットアートサロン」にしました

 

―自宅サロンを始めて何年目ですか?

20年がたちました

 

―サロネーゼを始めたきっかけを教えてください

2ヶ月間のアメリカ生活で学んだアメリカントールペイントの手法を、周囲の方から「教えて欲しい!」とリクエストされた事がきっかけです。

 

―第一回目のレッスン内容は何でしたか?生徒さんは何名でしたか?

ママ友4名でした

 

―サロンのインテリアコンセプトは何ですか?

ロマンティックカントリーです

 

―サロネーゼの活動についてご家族はどんな風に思っていますか?

「サロネーゼ」と思われていないかも・・・?

 

―サロネーゼをしていなかったら何をしていたと思いますか?

考えられません!

カルチャー教室の講師になろうと思っていた程なので、人に教えない人生なんて有り得ません

 

―好きな場所、癒される場所など、出没スポットはどこですか?

表参道、銀座、フランスが好きです

 

―朝は何時に起きますか?起きて一番初めにすることは何ですか?

5時に起き、まずはパソコンを起動してブログやfacebookなどをチェックします

 

―レッスン以外で何をしている時間が一番好きですか?

スイーツを食べている時♡ 習い事をしているときです

 

―サロネーゼにならなければ良かったと思ったことはありますか?

ありません

 

―サロネーゼで良かったことは何ですか?

毎日が楽しいことです

 

―いつも心掛けていることは何ですか?

目の前の一人を大切にする事

 

―これからサロンを開きたい方や、始められたばかりの方々にメッセージをお願いします。

良い事も悪い事もあるけど、最終的には全てが自分の力になります。

どんなことも自分にとって良い運に強運に変えていってください!

 

―お知らせしたいことはありますか?

薔薇のネイルアートが世界中に普及して行くこと望んでいます。
それから1990年代のアメリカントールペイントにも力を入れていきたいし、スパイスアレンジメントをとおしてロマンチックな時間を提供していきたいと思っています。


……………………………………………………………………………………………………

自己啓発に余念がなく、いつもチャレンジ精神旺盛なのまたのりこ先生。

やってみたいと思ったことは即実行される行動力にいつも驚かされています。
フルールフラットアートのホームページをご覧いただけたら一目瞭然です :-P

……………………………………………………………………………………………………

【関連ページ】
★「フルールフラットアートサロン」訪問記 http://blog.salonese.org/?p=4791
★のまたのりこ先生プロフィールページ http://nomatanoriko.com/
★トールペイントのブログ http://ameblo.jp/charmant-fleur
★薔薇のネイルアートブログ http://ameblo.jp/minamijyuji-hikaru/
★スパイスアートのブログ http://ameblo.jp/nomatanoriko/

……………………………………………………………………………………………………

 

[■サロネーゼインタビュー]

2014/08/06

「フルールフラットアートサロン」訪問記♪♪♪

第6回 サロネーゼ アドバイザリーメンバー自宅サロン訪問記
【訪問先】フルールフラットアートサロン主宰
     ペイントデザイナー、クラフトアーティスト のまたのりこ先生

 

西武池袋線練馬高野台駅の住宅街にある「フルールフラットアートサロン」。

 

“フルール”とはフランス語で“花”という意味。
アメリカントールペイントやドイツ・オーストリア地方の伝統的なスパイスブリオンアート、薔薇のネイルアートなど、“花”をさまざまなアートで表現しているサロンです

2ヶ月間のアメリカ生活で学んだアメリカントールペイントの手法を、周囲の方から「教えて欲しい!」とリクエストされた事がきっかけで始まり、今年で20年目。現在のサロンへと発展したそうです。

 

住宅街で迷いましたが、訪問当日にfacebookで見た“フルール”の玄関リースに救われ無事到着。

 

玄関には向坂留美子先生の作品が飾ってありました。
注:うさぎのマスコットはあとから乗せたそうです(笑)

 

太陽の光が射し込む明るいサロンの出窓には、アメリカントールペイント、パステル和アート、ほうろうペイント(デザインは大高吟子先生)、ドイツ・オーストリア地方の木の実を使ったスパイスクラフトなど先生の作品の数々が飾ってありました。

 

アメリカントールペイントから始まり、20年の間にさまざまなクラフト制作を手掛けるサロンへと変化を遂げていったのですね。

 


 

主宰ののまたのりこ先生は、大変志しが高くチャレンジ精神も旺盛、思い立ったら即実行というスピード感を持っていらっしゃるサロネーゼさん。自然と人が集まってくるというのも納得の、とっても気さくなお人柄の先生です。

 

トールペイントのレッスンが終わり、これからティータイムという時間にお伺いしてしまいまして、しばし談笑に参加。この日お会いした生徒様を始め、のまた先生のサロンには10年以上続けて通っていらっしゃる方が多いのだそうです。皆様撮影にご協力いただき有難うございました。

 

 

そしてこちらが先生の作業部屋。
ネイルチップやペイント用の筆、資料などがたくさん置いてあって「これぞクラフト系サロネーゼさんならではのお部屋!」という印象でした。折角なので撮影しようとしましたら猛烈に阻止されてしまいましたので(^^)、少しだけご紹介いたしましょう♪

 

壁にはアメリカントールペイントの作品がいっぱい。

  

 

ネイルアートの材料や素敵な絵が描かれたネイルチップの数々。

 

今後は、
◇トールペイントと木の実のスパイスアレンジ講習
◇トールペイントの技法を生かしたネイルアート講習
に力を入れていきたいそうです。

 

20年というベテランの域に達しても、まだまだ技術の向上を目指し、時には自分が生徒として習いに出掛けるなど、日々努力をされている姿勢は本当に素敵ですね。

 

技術的な事だけでなく、ブログの書き方やセルフブランディング法など、自らの力でプロモーションしていく仕掛けにもしっかり取り組んでいらっしゃる所にもプロ意識を感じます。

 

……………………………………………………………………………………………………

【関連ページ】
★のまたのりこ先生インタビュー http://blog.salonese.org/?p=5146

★「フルールフラットアート」ウェブサイト http://nomatanoriko.com/

★のまたのりこ先生プロフィールページ http://nomatanoriko.com/
……………………………………………………………………………………………………
クラフトごとにブログを分けて情報配信されている徹底ぶりです。
★トールペイントのブログ http://ameblo.jp/charmant-fleur

★薔薇のネイルアートブログ http://ameblo.jp/minamijyuji-hikaru/
★スパイスアートのブログ http://ameblo.jp/nomatanoriko/
……………………………………………………………………………………………………

薔薇のネイルアート。
人生初のネイルアート(描いていただく方ですが)を体験させていただきました。

 

のまたのりこ先生、ご多忙の中取材訪問にご協力いただき、ありがとうございました!

 

[■サロネーゼ自宅サロン訪問記]

2014/06/18

我が家のハーブ

植えっぱなしのままで、観賞用に、お茶に、お料理に、アロマにと大活躍のハーブ達。

その清楚な出で立ちは、何ともかわいらしく、ここにご紹介させていただきます。

 

ミント&セージ

ミントはスイーツに添えたり、ミントティーにしたり、セージは肉料理の風味付けに利用しています。

 

 

紫のかわいい花のラベンダー

ハーブティーやポプリに利用できますが、我が家では専ら観賞用です

 

 
白い花が食用になるムスクマロウ

サラダに入れたり、ハーブティーに利用したりしています。

タイム、ローズマリーはセージと同様に肉料理の風味付けには欠かせません。

ローズマリーは低木ほどの大きさに成長しました。

チェリーセージは観賞用です。

 

 

手が掛からず、食用にもなり、リラックス効果もある、一石二鳥どころか三鳥四鳥ですので、

ハーブ入門致しませんか?

プランターでも十分に育てられます。

 

 

ライフスタイルコーディネーター 近兼文子

映画よりもおしゃれな人生をコンセプトにした、日常生活をスタイリッシュに送るための
ライフスタイルサロンLa Raffinée(ラ・ラフィネ)を横浜市都筑区で主宰。

http://ameblo.jp/laraffinee/

[ 第二期メンバーリレーブログ]

2014/05/16

サロネーゼ会員 近兼文子先生にインタビュー!!

【サロネーゼさんに聞きました!!】
ライフスタイルサロン ラ・ラフィネ主宰 近兼文子先生

【プロフィール】
結婚生活という人生のセカンドステージで、時には荒れ狂う波に戦いを挑まれながら、少しずつ覚えていった幸せに生きる術、Happy Produce、その秘訣をお伝えしながら、ブラッシュアップしていくライフスタイルサロンLa Raffinee(ラ・ラフィネ)を主宰しています。
しあわせになるには、周りの人々とステキにお付き合いしていくことが大切です。
馴れ合いが無く、お互いを思いやり、高め合える、そんな関係です。
大人の女性として必要な社交術を身に付け、さらに自分の魅力を最大限に活かして、ステキな出会いのチャンスを逃さないように致しましょう。そして、<映画よりもおしゃれな人生>を送ってみませんか?

 

………………………………………………………………………………

 

Q1、自宅サロン名の由来を教えてください

「ラ・ラフィネ」とはフランス語で『洗練された女性』という意味。

洗練された女性を目指しましょう♪という意味を込めて付けました

 

………………………………………………………………………………

 

Q2、自宅サロンを始めて何年目ですか

16年目になりました

 

………………………………………………………………………………

 

Q3、サロネーゼを始めたきっかけを教えてください

人生の折り返し地点のアラフォーに差し掛かった時、専業主婦というステージだけではなく、社会と関わりを持ち、生き甲斐を感じることが出来るステージにも立ちたくなりました。今の自分に何が出来るか模索した時に、専業主婦10年の経験を上手く活かせるのがサロネーゼでした

 

………………………………………………………………………………

 

Q4、第一回目のレッスン内容は何でしたか?生徒さんは何名でしたか?

「おもてなしのためのお料理教室」で7年間お料理を教えていて、1回目は『筍料理』のレッスンでした。友人が2人の友人を連れてきてくれたので、第一回目の生徒は3人でした

 

………………………………………………………………………………

 

Q5、サロンのインテリアコンセプトを教えてください(テーマカラーやジャンル等)
「季節感を大切にしたオシャレな空間」です。
カーテン等のインテリアは、主張のないデザインにしています

 

………………………………………………………………………………

 

Q6、サロネーゼの活動についてご家族はどんな風に思っていますか?

応援してくれています

 

………………………………………………………………………………

 

Q7、サロネーゼをしていなかったら何をしていたと思いますか?

サロネーゼ以外は考えられません!専業主婦になっていたと思います

 

………………………………………………………………………………

 

Q8、好きな場所、癒される場所など、出没スポットはどこですか?

椿山荘のティールーム。緑も綺麗で、サービスも良くて、インテリアが素敵で、大好きな場所です

 

………………………………………………………………………………

 

Q9、朝は何時に起きますか。起きて一番初めにすることは?

5時に起きて、まずパソコンでメールチェックをしています。
朝は一番頭が働く時間なので~(^^♪

 

………………………………………………………………………………

 

Q10、レッスン以外で何をしている時間が一番好きですか?

気の合う仲間とのホームパーティーの時間が一番好きです

 

………………………………………………………………………………

 

Q11、サロネーゼにならなければ良かったと思ったことはありますか?

ありません!

 

………………………………………………………………………………

 

Q12、サロネーゼで良かったことは何ですか?

人に教えることで自分が成長できること。そして仲間が出来ること。

生き甲斐が見つかりました。

 

………………………………………………………………………………

 

Q13、いつも心掛けていることは何ですか?

楽しく生きていきたいと思ってます

 

………………………………………………………………………………

 

Q14、これからサロンを開きたい方や、始められたばかりの方々にメッセージをお願いします。

頭で考えるより、まずは始めることが大切です。
どんどんチャレンジしてください。道は必ず開けます!

 

………………………………………………………………………………

 

Q15、お知らせしたいことはありますか?

今期のレッスンは5月から始まっています。

 

 

 

近兼先生、ご協力ありがとうございました!

そして、ごちそうさまでした。 

 

………………………………………………………………………………

【関連ページ】

▼近兼先生自宅サロン訪問記 http://blog.salonese.org/?p=4614

▼プロフィールページ http://www.salonese.org/lecturer/detail/47.html

▼ブログ「映画よりもおしゃれな人生☆★Happy Produce」
http://blog.salonese.org/wp/wp-admin/post-new.php

………………………………………………………………………………

[■サロネーゼインタビュー]

2014/05/12

「ライフスタイルサロンLa Raffinee(ラ・ラフィネ)」訪問記♪♪♪

第5回 サロネーゼ アドバイザリーメンバー自宅サロン訪問記
【訪問先】ライフスタイルサロン
La Raffinee(ラ・ラフィネ)主宰 近兼文子先生

 

サロネーゼさんのブログやインテリア雑誌Bon Chic等で拝見し、いつかお伺いしてみたい!
と思っていた近兼先生のご自宅サロンへ訪問取材してまいりました!

 

以前「ホームパーティーのおもてなしレッスン」に立ち合った際、
ゲストで招かれた時の心得として『5分前行動はNGですよ~』
教えていらっしゃったのを思い出し、約束の時間より少し過ぎたぐらいに到着。

満面の笑みで私たちを出迎えてくださいました。

 

 

サロン名のLa Raffinee(ラ・ラフィネ)は、
フランス語で『洗練された女性』のこと。

 

<映画よりもおしゃれな人生>というキャッチコピーの元、“Happyプロデューサー”として、
美しい時間の使い方や洗練されたコミュニケーション術、エレガントな印象を与えるための所作、
ホームパーティーのコーディネート術などを教えていらっしゃいます。

 

エントランスの扉を開けると一面に大きな鏡。ゲストを迎える演出も既に始まっていて、
背筋がピンとなる思いがいたしました。

 

 

螺旋階段を2階へ上がっていくと、白を基調とした明るく開放感溢れる空間が広がっていて、
まるで高級レストランに来たような感覚に。

聞いたところ、レストランだと思って入っていらした方が実際にいたそうです 8-O

 

 

「足元までが生徒さんのファッションなので、うちは靴を履いたまま上がっていただけるサロンになっているのよ」と伺っていたとおり、靴のままサロンへ上がれるようになっています。

 

近兼先生のゲストに対するホスピタリティーの高さを改めて実感することができました。

 

いろいろな方のブログや雑誌で拝見したことのあったキッチン。

☆新品のようにピカピカ☆

 

 

La Raffinee(ラ・ラフィネ)は、なんと今年の春で16年目!!

 

 

「好きな事だから続けられた」と仰いますが、続けることって本当にすごいことだと思います。
努力を惜しまず、追求し続ける姿勢、ゴールを決めないストイックさがあってこその継続に他なりません。

 

もともとは「おもてなしのためのお料理教室」として始められたそうで、
1回目のレッスンは「筍」を食材にしたレッスンだったそうです。

 

1回目の献立内容からきれいに整理整頓された大切なファイルには、16年という近兼先生のサロンの歴史がギッシリ詰まっていて、とても感慨深い思いがいたしました。

 

 

お料理レッスンの後は生徒さんと一緒にテーブルを囲んでお食事を楽しむ時間。

極めて自然にテーブルコーディネートを取入れるようになり、ゲストとして、ホストとしての心得、コミュニケーション術なども自然にレッスンメニューへ加えられていき、今のLa Raffinee(ラ・ラフィネ)の姿になったそうです。

 

 

常に生徒さんのことを思いやり、おもてなしをしたいという気持ちが根底あって、
そのために必要な項目を取入れていった結果と、
近兼先生ご自身の経験から生み出された女性がHappyに生きるための術
これらが融合して「ライフスタイルサロンLa Raffinee(ラ・ラフィネ)」が出来上がって行ったという事を、今回のサロン訪問で知ることができました。

 

“近兼先生ご自身の経験から”の部分は企業秘密ということで、内緒です(笑)

 

 

洗練された空間と明るく朗らかな近兼先生が主宰するサロンとあれば、誰もが訪れてみたくなるはずですね!!

 

近兼先生、サロン訪問にご協力いただき、誠にありがとうございました!

 

 

 

………………………………………………………………………………

【関連ページ】

▼近兼文子先生インタビュー http://blog.salonese.org/?p=4662

▼近兼文子先生プロフィールページ http://www.salonese.org/lecturer/detail/47.html

▼ブログ「映画よりもおしゃれな人生☆★Happy Produce」

http://blog.salonese.org/wp/wp-admin/post-new.php

………………………………………………………………………………

[■サロネーゼ自宅サロン訪問記]

SALONESE CLUB サロネーゼ倶楽部はこちら

カレンダー

2018年6月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー一覧