■サロネーゼ自宅サロン訪問記

2015/08/03

サロネーゼ会員 澤地由香里先生インタビュー

フラワーデザイナー Deco R Yokohama主宰 澤地由香里先生

 

【プロフィール】
慶応義塾大学文学部英米文学科卒。
プリザーブドフラワー、アートフラワーなどを使ったインテリアフラワーアレンジメント教室「Deco R Yokohama」主宰。よみうりカルチャー横浜講師。
フロールエバープリザーブドフラワーコンテスト優秀作品賞受賞を始めとしたフラワーコンテストに入選。
自宅サロン、カルチャーセンターでのレッスンの他に、店舗や、一般住宅などの”フラワーディスプレーも手がける。(東京表参道ブティック”ユキコキミジマ”のクリスマスディスプレーを3年間担当)

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

―自宅サロン名の由来を教えてください
ニューヨーク・マンハッタン・スタイル Deco Rを立ち上げた新村ルリ子先生に師事し、インテリアフラワーアレンジメントを学びました。(新村先生ご自身の教室は、義両親様の介護に関わっていらっしゃり、ただ今、休会中です)

「Deco R」は認定校システムをとっていず、インストラクターコース修了試験受験者でご自分の教室を主宰される際、屋号に「Deco R」をつけたい方のみ、新村先生に申し出をして、試験作品を御覧になった新村先生が、屋号を付けても良いかどうかの判断をなさいます。

Deco Rのテイストを引き継ぐ作風であるかどうかが判断の基準と伺っております。

あくまで屋号にDeco Rをつけるかどうかは受験者のご希望なので、殆どの方が、ご自分のオリジナルのサロン名になさっていらっしゃいます。

「モダンでスタイリッシュ」というDeco Rの基本のテイストを崩さなければ、それぞれの教室のレッスン作品のデザインはオリジナルで良く、「Deco R Yokohama」のレッスン作品のデザインも全て私のオリジナルです。

ちなみに、インストラクターコース修了試験の内容は制限時間2時間の中で、新村先生が決められたテーマに沿った作品を、その場で初めて見た花材、資材を使い、デザイン製作するという、かなり、高度なテクニックとデザイン力を求められる難しいものです。

受験なさっている生徒の皆様の姿を拝見しながら、ベーシックコース1年、アドバンスコース1年、インストラクターコース1年10ヶ月、約4年間、私がレクチャーさせて頂いた事が生徒の皆様に伝わっているかどうか、講師である私自身も試験を受けているような気持ちになります。生徒の皆様が合格なさった時は、自分の事のように嬉しいです。

 

 

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

―自宅サロンを始めて何年目ですか?
今年の秋で18年目です

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

―お教室を始めたきっかけを教えてください
当時、息子が通っていた幼稚園のバザーに“手作り”のものを出品しなければならず、私が手作りできるものというのが唯一“インテリアフラワーアレンジメント”でしたので、毎回クリスマスリースや、トピアリーなどを出品していました。

その出品作品を見た、ママ友達数人から“インテリアフラワーアレンジメント”を教えてほしい“と言われた事が教室を始めたきっかけです。

友人達が“きちんと教えてもらいたいから、講習費もとってね”と言ってくれ、始めから“教室”という形をとることができました。その友人達がいなかったら、今こうして花仕事をしている私はいなかったと思います。

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

―第一回目のレッスン内容は何でしたか?生徒さんは何名でしたか?
ママ友5人で、秋色のトピアリーでした。

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

―サロンのインテリアコンセプトを教えてください(テーマカラーやジャンル等)
イギリスのアンティークがかった落ち着いた感じのクラシックテイストが好きで、好きな色グリーンをベースにしたインテリアにしています。
グリーンはもともと好きな色ではありますが、植物を見るとわかるように、葉や茎はグリーンでどんな色の花とも調和する力を持つ色だと、カラーアナリストの友人から聞き、家具やクッション、カーテンなどのファブリックもグリーンでまとめています。

 

 

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

―お教室の活動についてご家族はどんな風に思っていますか?
主人の両親と二世帯住宅で暮らしているのですが、主人はもちろんのこと義両親も私の仕事をとても理解し、協力してくれます。特に、義母自身も草月流の師範で教えていたこともあって、私ができない時は、主人や息子の食事の支度をしてくれたり、義母の協力がなかったらこうして18年間続けてこられなかったと思います。

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

―サロネーゼをしていなかったら何をしていたと思いますか?
今まで生きてきて、様々なターニングポイントで選んできた結果が今の自分であると思っているので、“〜をしていなかったら”という事は正直、思いつきません。

昭和一桁生まれの実家の父は「女性は仕事をせずに結婚するのが一番の幸せ」という考えで、私は就職をする事を許されず、大学を卒業後、花嫁修業の一つとして“生け花”を習うようにと半ば強制的に、“生け花教室”に通わされる事になりました。

「仕事はしなくて良い」と言っていた父の考えで始めた生け花がきっかけで花に触れ、花が大好きになり、フラワーアレンジメントや、インテリアフラワーアレンジメントも学び、今はこうして花で「仕事」をしていて、不思議な巡り合わせを感じます。

今頃、そんな私を見て、天国の父は苦笑いしているのではないでしょうか?!

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

―好きな場所、癒される場所など、出没スポットはどこですか?
地元横浜が一番好きです。山手、本牧・・散策しているだけで癒されます。食べ歩きが趣味で、青山や表参道にもよく行きます。

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

―朝は何時に起きますか。起きて一番初めにすることは?
レッスンが10時開始ですので、家族を送り出してから、部屋の掃除など生徒さんをお迎えする準備をしますので、毎朝5時に起きています。完全“朝型人間”です。

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

―レッスン以外で何をしている時間が一番好きですか?
気の置けない友人達との食べ歩き、宝塚や舞台、コンサートなどのエンターテインメントを見ている時間がストレス解消のひとときです。

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

―サロネーゼにならなければ良かったと思ったことはありますか?
先ほどの質問のお答えと同じになってしまいますが、今まで生きてきた人生の中で自分が選び、選択してきた結果が今の自分、サロネーゼだったと思いますので。“ならなかった自分”という想像はできません。

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

―サロネーゼで良かったことは何ですか?
自宅でできる仕事ですので、自分自身でライフスタイル、仕事をコントロールできるところが、良かったと思う点です。

私の場合は主人の両親との二世帯住宅という事で、息子が幼い頃は、子育てを義両親に助けてもらえたという事も、サロネーゼという“自宅”でする仕事ならではの利点でした。

また、妻、母ではない“澤地由香里”個人でいられるのがサロネーゼである自分

人生の中で、“自分”でいられる場所があるのはとてもありがたい事だと思います。

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

―いつも心掛けていることは何ですか?

教室に通って下さる生徒さんが“今日も楽しかった”と思って頂けるようにアロマの香りを焚いたり、ヒーリングミュージックをBGM で流したりと“癒し”の空間づくりをし、また、私自身が日々の暮らしを楽しみ、いつも笑顔で、健康でいられるように心がけております。

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

―これからサロンを開きたい方や、始められたばかりの方々にメッセージをお願いします。
人生には波がありますが、いつもその波に逆らわず、その場、その時の自分にとって一番重要、必要と思うものを、優先していかれるのが良いと思います。

何事も良い事、悪い事、表裏一体なのだと私は考えるようにしています。

その時は、悲しかったり、辛かったりする事も、それはその後に必ず来る“嬉しい事、幸せな事”のために必要だった事なのだと。

例えつまずいてしまう事があっても、1年後に状況は必ず変わっています。なぜなら時は流れていくものだから。理想の形や幸せの価値観は人によって違うので、人と比べる必要はないのです。答えは一つではなく、これが正しいという事はありません。自分が“今”できることを、選んでいけば、必ず道は続いていくのだと思います。

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

―お知らせしたいことはありますか?
★7月、8月、横浜ディスプレイミュージアムにて「秋」がテーマのプリザーブド作品が展示
★10月、クリスマスリース講習会
★10/13、プラチナミセス祭で「子育て」がテーマの座談会に登壇。
★11/21、“第5回東日本大震災チャリティイベント”開催。

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

澤地先生、たっぷりと語っていただき、ありがとうございました :-D

 

 

【関連ページ】

★フラワーデザイナー澤地由香里先生 「Deco R Yokohama」訪問記!

http://blog.salonese.org/?p=6179

★澤地由香里先生プロフィールページ http://www.salonese.org/lecturer/detail/43.html

★Deco R Yokohamaホームページ http://www.h3.dion.ne.jp/~search/decory/index.html

★Deco R Yokohamaの気まぐれ花日記 http://ameblo.jp/searchblog/

 

[■サロネーゼインタビュー]

2015/07/10

サロネーゼ会員 根来雪絵先生インタビュー

カルトナージュ作家、トールペイント作家 coco house主宰 根来雪絵先生

 

【プロフィール】

青山サロンをはじめ、千葉県市川市の自宅、本八幡駅前新サロン、三軒茶屋のハワイアンショップ「MERIA」、カルトナージュとトールペイントの教室を多数主宰。
生地は外国から直輸入で、感性に触れた生地を厳選しておりふんわりかわいく、生活に潤いを与える作風でカルトナージュ、トールペイントともにオリジナル作品を展開している。
AFT色彩検定1級。1級カラーコーディネーター。AFT色彩会員。

 

………………………………………………………………………………

 

―自宅サロン名の由来は何ですか?

愛犬の名前がcocoで、そちらからとりました。

 

………………………………………………………………………………

 

―自宅サロンを始めて何年目ですか?

15年です。

 

………………………………………………………………………………

 

―サロネーゼを始めたきっかけを教えてください

息子の幼稚園のママ友に、トールペイントを教えてほしい、と言われたことがきっかけです。

 

………………………………………………………………………………

 

―第一回目のレッスン内容は何でしたか?生徒さんは何名でしたか?

トールペイントで、5人くらいでした。

 

………………………………………………………………………………

 

―サロンのインテリアコンセプトは何ですか?

淡い色調が好きなので、自然とその色の作品が多いです。特にラデュレカラーが好きです。

 

………………………………………………………………………………

 

―サロネーゼの活動についてご家族はどんな風に思っていますか?

子供が物心付いたときから、ずっと自宅教室をしているので、家族はもう、作品をみても空気のようにあるのが当たり前だと思っていると思います。

 

………………………………………………………………………………

 

―サロネーゼをしていなかったら何をしていたと思いますか?

自宅雑貨屋を開きたかったです。あと、ホテル、デパートにも勤めてみたかったです。

 

………………………………………………………………………………

 

―好きな場所、癒される場所など、出没スポットはどこですか?

表参道、銀座

 

………………………………………………………………………………

 

―朝は何時に起きますか?起きて一番初めにすることは何ですか?

6時。朝ご飯作り。

 

………………………………………………………………………………

 

―レッスン以外で何をしている時間が一番好きですか?

本八幡のカルトナージュサロンにこもって、作品を作っている時。

 

………………………………………………………………………………

 

―サロネーゼにならなければ良かったと思ったことはありますか?

あります。始めたばかりのころ、パートに出れば、安定した収入も得られるのに、なぜこの仕事を選んでしまったのかと、思ったことがあります。

 

………………………………………………………………………………

 

―サロネーゼで良かったことは何ですか?

自分の教室、作品を、好きで通ってくださっている人たちばかりなので、気の合う人たちばかりに囲まれていることです

 

………………………………………………………………………………

 

―いつも心掛けていることは何ですか?

明るい教室にすること。大きな声で挨拶をすること。思ったままに生徒さんを褒めること。

 

………………………………………………………………………………

 

―これからサロンを開きたい方や、始められたばかりの方々にメッセージをお願いします。

最初は集客だとか、収入だとか、そういったことは考えず、ただがむしゃらに動いてほしい。好きなことなら一生懸命になれる。とことん一生懸命にやっていると、結果はおのずと付いてきます。

 

………………………………………………………………………………

 

根来先生ありがとうございました :-o

 

【関連ページ】

☆自宅サロン訪問記   http://blog.salonese.org/?p=5904
☆カルトナージュ作家・トールペイント作家 根来雪絵先生プロフィール
  http://www.salonese.org/lecturer/detail/69.html
coco house http://www.cocohouse.jp/
☆カルトナージュ作品ページ http://www.cocohouse.jp/newpage2.html
☆トールペイント作品ページ http://www.cocohouse.jp/newpage10.html

 

こちらの写真は、今年3月に東京ホームズコレクションで開催した「ライフスタイル展」での根来雪絵先生の作品の一部です。

[■サロネーゼインタビュー]

2015/07/08

サロネーゼ会員 阿部久美子先生インタビュー

アトリエRose成城主宰 阿部久美子先生

 

 

【プロフィール】
モデルハウスなどのインテリアコーディネイト・色彩計画などインテリアコーディネーターとしての活動を経て、百貨店などのフラワーギフト、ショップのフラワーディスプレイなどフラワーデザイナーとして活動。小田急線成城学園前でフラワーアレンジメント教室「アトリエRose成城」を主宰。

 

………………………………………………………………………………

 

―自宅サロン名の由来は何ですか?

1回で覚えられる名前が良かったこと、「Rose」は女性が好きな花だからです

 

………………………………………………………………………………

 

―自宅サロンを始めて何年目ですか?

9年目(1月で8周年)を迎えました

 

………………………………………………………………………………

 

―サロネーゼを始めたきっかけを教えてください

インテリアの仕事でデザイン事務所に勤めていた頃、インテリアフラワーの仕事が増え、花をデザインする機会が増えたのでフラワーアレンジを習い始めました

 

………………………………………………………………………………

 

―第一回目のレッスン内容は何でしたか?生徒さんは何名でしたか?

12月にプレオープンでリースやツリーなどのクリスマスレッスンを開催しました。
チラシを作って幼稚園のママ達に配布した所、10人以上のママが参加してくれました

 

………………………………………………………………………………

 

―サロンのインテリアコンセプトは何ですか?

季節ごとに設えを変えています(特にエントランス回り)

 

………………………………………………………………………………

 

―サロネーゼの活動についてご家族はどんな風に思っていますか?

協力的です。リビングは一緒にしていないので家族のスペースは保っています

 

………………………………………………………………………………

 

―サロネーゼをしていなかったら何をしていたと思いますか?

インテリアコーディネーターの仕事を続けていたと思います

 

………………………………………………………………………………

 

―好きな場所、癒される場所など、出没スポットはどこですか?

湘南・鎌倉、海が好きです。プライベートでは郊外へ行きます

 

………………………………………………………………………………

 

―朝は何時に起きますか?起きて一番初めにすることは何ですか?

6時半~7時頃起床して、まずは歯を磨き、お水を飲みます

 

………………………………………………………………………………

 

―レッスン以外で何をしている時間が一番好きですか?

新しい場所、見たことのない物を探しに行くこと。目新しい物を取り入れること

 

………………………………………………………………………………

 

―サロネーゼにならなければ良かったと思ったことはありますか?

ありません

 

………………………………………………………………………………

 

―サロネーゼで良かったことは何ですか?

いろいろなキャリアを持っている人と出会えること、知らない世界を聞けること

 

………………………………………………………………………………

 

―いつも心掛けていることは何ですか?

自然体である事。相手が誰であっても、誰に会っても、いつも自然体で接していたいと思っています

 

………………………………………………………………………………

 

―これからサロンを開きたい方や、始められたばかりの方々にメッセージをお願いします。

コツコツ毎日地道に続ける、手を抜かない、地道な努力といつまでも向上心を持ってください。学び続ける姿勢が大切です。いきなり花開くことはありません!

 

………………………………………………………………………………

 

 

阿部先生ありがとうございました! :-P

 

【関連ページ】

◆自宅サロン訪問記「アトリエRose成城を訪ねて」 http://blog.salonese.org/?p=5850 

 

◆フラワーデザイナー 阿部久美子先生プロフィール

http://www.salonese.org/lecturer/detail/23.html

 

◆アトリエRose成城

http://www.atelierose.jp/(ウェブサイト)

http://ameblo.jp/ar-seijo/(ブログ)

[■サロネーゼインタビュー]

2015/07/07

「coco house」を訪ねて

第8回 サロネーゼ自宅サロン訪問記

【訪問先】

カルトナージュ作家、トールペイント作家 coco house主宰 根来雪絵先生

 

千葉県市川市の自宅サロンを中心に活躍されている、
カルトナージュ&トールペイント教室cocohouse主宰、
根来雪絵先生のサロンへ行って参りました。

 

サロン名の由来は愛犬cocoちゃんの名前から。

先生のブログでも度々登場しているcocoちゃんです♪

 

 

TILDA、ローラアシュレイ、キャスキッドソン・・・

「ふんわりかわいいカルトナージュ」とうたっていらっしゃるとおり、可愛らしい世界観が大好きな女性にはたまらない作品がいっぱいのcocohouse♡ 可愛いだけじゃなく、「ウェットティッシュケース」や「お月謝入れ」など、あったらいいな♪の実用的な作品が揃うのは発想が先を行っている証拠だなと思います。

 

私がお伺いした日はトールペイントのレッスン日でした。

絵心がない不器用な私は、取材に徹して挑んだサロン訪問でしたが、トールペイントが全く初めてという人向けの体験レッスン「小花のミニバスケット作り」にチャレンジさせていただくことになり、久々の冷や汗もの(*_*;

 

 

お題は、≪花びらでイニシャルを描こう≫

 

 

まずは、花びらを描くためのストロークの練習から。一見簡単に見えるのですが、意外と難しいストローク。ヴォーグ社様のウェブサイトを拝見するに、トールペイントはストロークで成り立っていると言って良いほど、基本なのだそうですね。

 

さて、こちらはサロンに飾られていた根来先生の作品の数々です。
素敵な作品に囲まれながらでは、創作意欲も益々湧きますよね!

 

 

 

こちらは生徒様の制作の様子。

 

  

  

 

サロンは明るく和気あいあいとしたアットホームな雰囲気でした。根来先生のお人柄が伺えます。

 

そして、こちらが完成した体験レッスン作品。お手伝いいただきながらなんとか完成!

 

自宅ではスマホのコンセントケース入れとなり、重宝しています :-D

 

慌ただしい取材訪問となってしまいましたが、根来先生、生徒の皆様、
ありがとうございました!

 

 

【関連ページ】

☆根来雪絵先生インタビュー http://blog.salonese.org/?p=5993

 

☆カルトナージュ作家・トールペイント作家 根来雪絵先生プロフィール

http://www.salonese.org/lecturer/detail/69.html

 

coco house http://www.cocohouse.jp/

 

☆カルトナージュ作品ページ http://www.cocohouse.jp/newpage2.html

 

☆トールペイント作品ページ http://www.cocohouse.jp/newpage10.html

 

[■サロネーゼ自宅サロン訪問記]

2015/07/06

「アトリエRose成城」を訪ねて

第7回 サロネーゼ自宅サロン訪問記

【訪問先】

フラワーデザイナー アトリエRose成城主宰 阿部久美子先生

 

小田急線成城学園前駅で自宅併用アトリエを主宰している阿部久美子先生は、その昔
インテリアコーディネーターとしてご活躍されていた経歴をお持ちのサロネーゼさんです。

 

  

  

 

インテリアコーディネーターはモデルハウスやお客様の新居に対し、インテリアのイメージ作りから床材・壁・天井、家具、照明、ファブリックの選定までされるお仕事です。
空間をデザインする素敵なお仕事ですが、非常にハード。

 

阿部先生もインテリコーディネーター時代はモデルハウスのコーディネートを中心に多忙な毎日を送っていたそうで、ご結婚後、現役時代に培った知識を「インテリアフラワー」という形で表現するサロネーゼとしての活動にシフトされました。

 

  

 

「アトリエRose成城」では、

Flower・Color・Interior

三つの関係を大切にした素敵な花あしらいを提案されていて、

フレッシュフラワー、アーティフィシャルフラワー、プリザーブドフラワー、

ブライダルブーケなど、さまざまなアレンジを学ぶことができます。

 

BGMはボサノバやハワイアン、クラシックなど、日替わりで♪
レッスン後はティータイムで皆様とおしゃべりタイムを。

 

  

 

生徒様はテーブルセッティングの先生やパン教室の先生、お花屋さんの店員さんまでさまざまで、趣味でというより、ご自身の職場や仕事に生かすために習いにいらっしゃる方が多いそうです。高いアレンジスキル、デザイン力を求めて通われる方が多いのだなぁと思いました。

 

 

  

こちらは生徒様の作品。訪問した月は「リース」が課題の月でした。
左はフレッシュフラワー、右はアーティフィシャルフラワーのリースです。

 

  

 

さて、阿部先生ご自身についてお伺いすると・・・

クリエイターの部分を垣間見ることが出来ました。

◇花・花器全ての物との出会いを大切されている

◇いつもフラワーアレンジに使えるかしら?という視点で物を見てしまう

◇ハンカチ一枚とっても色味や色の組み合わせに目が行ってしまう

 

生徒様を飽きさせないデザイン力は、過去の経験も去ることながら、日頃から審美眼を磨き、美的センスを高める意識を持って生活しているからなのですね!!見習わなくては!!

 

渋谷の住宅展示場 東京ホームズコレクションで開催するレッスンの作品は、いつも可愛いくもありエレガントでもある女性の心を掴むデザインで、幅広い年齢層に人気があり、すぐ満席になってしまう程です。

 

 

【関連ページ】

◆阿部久美子先生インタビュー http://blog.salonese.org/?p=5948

 

◆フラワーデザイナー 阿部久美子先生プロフィール

http://www.salonese.org/lecturer/detail/23.html

 

◆アトリエRose成城

http://www.atelierose.jp/(ウェブサイト)

http://ameblo.jp/ar-seijo/(ブログ)

 

エントランスにも素敵なアーティフィシャルフラワー作品が♪

[■サロネーゼ自宅サロン訪問記]

SALONESE CLUB サロネーゼ倶楽部はこちら

カレンダー

2018年10月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー一覧