■サロネーゼ自宅サロン訪問記

2014/08/06

「フルールフラットアートサロン」訪問記♪♪♪

第6回 サロネーゼ アドバイザリーメンバー自宅サロン訪問記
【訪問先】フルールフラットアートサロン主宰
     ペイントデザイナー、クラフトアーティスト のまたのりこ先生

 

西武池袋線練馬高野台駅の住宅街にある「フルールフラットアートサロン」。

 

“フルール”とはフランス語で“花”という意味。
アメリカントールペイントやドイツ・オーストリア地方の伝統的なスパイスブリオンアート、薔薇のネイルアートなど、“花”をさまざまなアートで表現しているサロンです

2ヶ月間のアメリカ生活で学んだアメリカントールペイントの手法を、周囲の方から「教えて欲しい!」とリクエストされた事がきっかけで始まり、今年で20年目。現在のサロンへと発展したそうです。

 

住宅街で迷いましたが、訪問当日にfacebookで見た“フルール”の玄関リースに救われ無事到着。

 

玄関には向坂留美子先生の作品が飾ってありました。
注:うさぎのマスコットはあとから乗せたそうです(笑)

 

太陽の光が射し込む明るいサロンの出窓には、アメリカントールペイント、パステル和アート、ほうろうペイント(デザインは大高吟子先生)、ドイツ・オーストリア地方の木の実を使ったスパイスクラフトなど先生の作品の数々が飾ってありました。

 

アメリカントールペイントから始まり、20年の間にさまざまなクラフト制作を手掛けるサロンへと変化を遂げていったのですね。

 


 

主宰ののまたのりこ先生は、大変志しが高くチャレンジ精神も旺盛、思い立ったら即実行というスピード感を持っていらっしゃるサロネーゼさん。自然と人が集まってくるというのも納得の、とっても気さくなお人柄の先生です。

 

トールペイントのレッスンが終わり、これからティータイムという時間にお伺いしてしまいまして、しばし談笑に参加。この日お会いした生徒様を始め、のまた先生のサロンには10年以上続けて通っていらっしゃる方が多いのだそうです。皆様撮影にご協力いただき有難うございました。

 

 

そしてこちらが先生の作業部屋。
ネイルチップやペイント用の筆、資料などがたくさん置いてあって「これぞクラフト系サロネーゼさんならではのお部屋!」という印象でした。折角なので撮影しようとしましたら猛烈に阻止されてしまいましたので(^^)、少しだけご紹介いたしましょう♪

 

壁にはアメリカントールペイントの作品がいっぱい。

  

 

ネイルアートの材料や素敵な絵が描かれたネイルチップの数々。

 

今後は、
◇トールペイントと木の実のスパイスアレンジ講習
◇トールペイントの技法を生かしたネイルアート講習
に力を入れていきたいそうです。

 

20年というベテランの域に達しても、まだまだ技術の向上を目指し、時には自分が生徒として習いに出掛けるなど、日々努力をされている姿勢は本当に素敵ですね。

 

技術的な事だけでなく、ブログの書き方やセルフブランディング法など、自らの力でプロモーションしていく仕掛けにもしっかり取り組んでいらっしゃる所にもプロ意識を感じます。

 

……………………………………………………………………………………………………

【関連ページ】
★のまたのりこ先生インタビュー http://blog.salonese.org/?p=5146

★「フルールフラットアート」ウェブサイト http://nomatanoriko.com/

★のまたのりこ先生プロフィールページ http://nomatanoriko.com/
……………………………………………………………………………………………………
クラフトごとにブログを分けて情報配信されている徹底ぶりです。
★トールペイントのブログ http://ameblo.jp/charmant-fleur

★薔薇のネイルアートブログ http://ameblo.jp/minamijyuji-hikaru/
★スパイスアートのブログ http://ameblo.jp/nomatanoriko/
……………………………………………………………………………………………………

薔薇のネイルアート。
人生初のネイルアート(描いていただく方ですが)を体験させていただきました。

 

のまたのりこ先生、ご多忙の中取材訪問にご協力いただき、ありがとうございました!

 

[■サロネーゼ自宅サロン訪問記]

2014/05/12

「ライフスタイルサロンLa Raffinee(ラ・ラフィネ)」訪問記♪♪♪

第5回 サロネーゼ アドバイザリーメンバー自宅サロン訪問記
【訪問先】ライフスタイルサロン
La Raffinee(ラ・ラフィネ)主宰 近兼文子先生

 

サロネーゼさんのブログやインテリア雑誌Bon Chic等で拝見し、いつかお伺いしてみたい!
と思っていた近兼先生のご自宅サロンへ訪問取材してまいりました!

 

以前「ホームパーティーのおもてなしレッスン」に立ち合った際、
ゲストで招かれた時の心得として『5分前行動はNGですよ~』
教えていらっしゃったのを思い出し、約束の時間より少し過ぎたぐらいに到着。

満面の笑みで私たちを出迎えてくださいました。

 

 

サロン名のLa Raffinee(ラ・ラフィネ)は、
フランス語で『洗練された女性』のこと。

 

<映画よりもおしゃれな人生>というキャッチコピーの元、“Happyプロデューサー”として、
美しい時間の使い方や洗練されたコミュニケーション術、エレガントな印象を与えるための所作、
ホームパーティーのコーディネート術などを教えていらっしゃいます。

 

エントランスの扉を開けると一面に大きな鏡。ゲストを迎える演出も既に始まっていて、
背筋がピンとなる思いがいたしました。

 

 

螺旋階段を2階へ上がっていくと、白を基調とした明るく開放感溢れる空間が広がっていて、
まるで高級レストランに来たような感覚に。

聞いたところ、レストランだと思って入っていらした方が実際にいたそうです 8-O

 

 

「足元までが生徒さんのファッションなので、うちは靴を履いたまま上がっていただけるサロンになっているのよ」と伺っていたとおり、靴のままサロンへ上がれるようになっています。

 

近兼先生のゲストに対するホスピタリティーの高さを改めて実感することができました。

 

いろいろな方のブログや雑誌で拝見したことのあったキッチン。

☆新品のようにピカピカ☆

 

 

La Raffinee(ラ・ラフィネ)は、なんと今年の春で16年目!!

 

 

「好きな事だから続けられた」と仰いますが、続けることって本当にすごいことだと思います。
努力を惜しまず、追求し続ける姿勢、ゴールを決めないストイックさがあってこその継続に他なりません。

 

もともとは「おもてなしのためのお料理教室」として始められたそうで、
1回目のレッスンは「筍」を食材にしたレッスンだったそうです。

 

1回目の献立内容からきれいに整理整頓された大切なファイルには、16年という近兼先生のサロンの歴史がギッシリ詰まっていて、とても感慨深い思いがいたしました。

 

 

お料理レッスンの後は生徒さんと一緒にテーブルを囲んでお食事を楽しむ時間。

極めて自然にテーブルコーディネートを取入れるようになり、ゲストとして、ホストとしての心得、コミュニケーション術なども自然にレッスンメニューへ加えられていき、今のLa Raffinee(ラ・ラフィネ)の姿になったそうです。

 

 

常に生徒さんのことを思いやり、おもてなしをしたいという気持ちが根底あって、
そのために必要な項目を取入れていった結果と、
近兼先生ご自身の経験から生み出された女性がHappyに生きるための術
これらが融合して「ライフスタイルサロンLa Raffinee(ラ・ラフィネ)」が出来上がって行ったという事を、今回のサロン訪問で知ることができました。

 

“近兼先生ご自身の経験から”の部分は企業秘密ということで、内緒です(笑)

 

 

洗練された空間と明るく朗らかな近兼先生が主宰するサロンとあれば、誰もが訪れてみたくなるはずですね!!

 

近兼先生、サロン訪問にご協力いただき、誠にありがとうございました!

 

 

 

………………………………………………………………………………

【関連ページ】

▼近兼文子先生インタビュー http://blog.salonese.org/?p=4662

▼近兼文子先生プロフィールページ http://www.salonese.org/lecturer/detail/47.html

▼ブログ「映画よりもおしゃれな人生☆★Happy Produce」

http://blog.salonese.org/wp/wp-admin/post-new.php

………………………………………………………………………………

[■サロネーゼ自宅サロン訪問記]

2014/04/04

「リビングを彩るペインティング教室 鎌倉山 Natural Tone」訪問記♪♪♪

第4回 サロネーゼ アドバイザリーメンバー自宅サロン訪問記
【訪問先】リビングを彩るペインティング教室
鎌倉山 Natural Tone主宰 村杉薫先生

 

サロネーゼ事務局のある赤坂見附から銀座線⇒東海道線⇒湘南モノレールと乗り継ぐこと約1時間半、

 

 

 

鎌倉の素敵な家々が立ち並ぶ住宅街の一角に『鎌倉山Natural Tone』はありました :-o

 

「海・山・野の花、自然そして柔らかな色合いが大好きなのー!!」という
村杉先生の想いが込められたサロン名。玄関前のお手製のサインボードは村杉先生カラーです (^^)

 

こちらはポーセラーツ、チャイナペイント・白磁ペイント、トールペイントが学べるサロン。
17年目を迎えたそうです。趣味のクラスから資格取得クラス、資格取得後さらなるステップアップを目指す人のクラスまであり、幅広く指導されています。

 

 

お出迎えしてくれたのは12歳の愛犬チャック君

昨年ヘルニアの手術をして今でも時々体調が優れない日があるとか。
そんな時は作品制作よりもチャック君の通院が優先になるそうです。

 

愛犬の健康状態の変化にいち早く気付いてあげることができるのも、自宅サロンで活躍するサロネーゼというライフスタイルの利点ですね。ワンちゃんにとっても、近くに飼い主さんがいてくれる時間が多いのはきっと嬉しいはず(^^)

 

 

「リビングを彩るペインティング教室」というサロン名のとおり、
サロンにはたくさんの作品が展示されていました。

 

 

 

 

村杉先生はサロン歴17年目のベテランサロネーゼ。さまざまなコンクールで数々の賞を受賞されています。生徒さんにとっても良い刺激、励みになっていそうですよね!

 

左は、大賞取得の翌年に招待作家として制作した作品、右は「大賞」を獲得した白磁ペイント作品

描いては焼成を繰り返し、何日も時間を掛けて完成させる大作です!

 

 

 

 

電気炉は初めて拝見しました 8-O
チャイナペイント、白磁ペイントもポーセラーツも約800度の高温で焼成して焼き付けを行います。

 

 

 

こちらが村杉先生専用デスク。デザインを描いたり、生徒さんの作品の確認をしたり、だいたい夜10時~12時の遅い時間帯が作業時間になることが多いそうです。

 

 

 

「お家のことをおろそかにしないことが大前提だから!」とはいえ、主婦業、母業等々他にもたくさんやらなければならないことがあるのに、それでも続けることが出来ているのはなぜですか?とお聞きすると、

 

「自分の好きな事だからこそ頑張れるのよ、仲間も頑張っているから自分も頑張れるのね」

 

という素敵な言葉が返ってきました。

 

机うしろの棚には、トールペイントや白磁ペイント、ポーセラーツに関する書物がぎっしり。
教える側である以上、レベルアップの努力を惜しみません。学びに終わりはないですね。

 

 

 

生徒さんは、吹き抜けの窓から光が差し込む
こちらの素敵なリビングでレッスンをします :-D

 

 

ティータイムに使うカップやお皿も村杉先生の作品。
キッチン周りも陶器類は全部作品を使っていらっしゃいます。

 

『鎌倉山Natural Tone』が目指す
「心地良い作品制作⇒作品の実用化⇒制作の醍醐味」を、
村杉先生自らサロンで実行されていらっしゃるのです。

 

「ご自身の気に入った物は、何方でも大切にされるでしょう。
なので生徒様お一人お一人に気に入って頂ける物を作って頂ける様に
レッスンは毎回全力投球なんですよ」

 

 

 

ポーセラーツのこと、トールペイントのこと、サロンのこと、
たくさんの質問に真摯にお答えくださいました。

 

現状に満足せず、日々努力を重ね、自分自身のゴールを決めないストイックな姿勢は
どのサロネーゼさんにも共通しているなと、改めて感じたサロン訪問でした。

 

村杉先生、ありがとうございました!!

 

 

 

───────────────────────────────────
【関連ページ】
☆村杉薫先生インタビュー http://blog.salonese.org/?p=4562

☆村杉薫先生プロフィールページ http://www.salonese.org/lecturer/detail/94.html

☆ブログ「リビングを彩るペインティング教室 鎌倉山 Natural Tone」

http://ameblo.jp/porce-natural-tone/

───────────────────────────────────

[■サロネーゼ自宅サロン訪問記]

2014/02/18

「サロンドマリー」訪問記♪♪♪

第3回 サロネーゼ アドバイザリーメンバー自宅サロン訪問記
【訪問先】洋菓子教室サロンドマリー主宰 横井満里代先生

 

行って参りました♪マリー先生のご自宅サロン♪
サロン訪問は3回目でしたが、通常レッスンに参加するのは初めての事。

 

楽しみの反面、どんな生徒さんが来ているのだろう?
他の生徒さんに迷惑かけないようにしなければ!!・・・などと考え少しドキドキ :oops:
初めてレッスンに参加する方の気持ちってこんな感じかな?と想像しながらの往路でした。

 

この日は「スパイシーシフォンケーキ」と「ベリーヴェリー」作りのレッスン。
生徒様は私を含めて4人。その中のお一人は、ご主人の転勤で福島へ引っ越しされたあとでも時々通っていらっしゃるという熱心な生徒様でした :-D

 

通い続けたくさせるマリー先生のお人柄の現れですね!!

 

テーブルは、先生のイメージカラー、柔らかいパープルを基調としたコーディネートがエレガントで素敵でした。テーブル中央の木の実とスパイスのアレンジメントは、「PureBloom」主宰まきのゆき先生の作品!! ピンと来た方は、かなりのサロネーゼ通です(^^)v

 

 

生徒様にサロン取材訪問の主旨をお伝えし、ご挨拶を終えた所でマリー先生のレシピ説明と共にいよいよレッスン開始!「ベッジュマン&バートン」のアーモンドフレーバーティーと生チョコがとても美味しかったのですが、味わっている余裕なく必死にメモを取っていました。

 

ちなみに、レシピを挟むバインダーは、
カルトナージュ&トールペイント「coco house」主宰、根来雪絵先生の作品です!!
サロネーゼネットワークは強力ですね(*^_^*)

 

 

 

そして実践。まずは「ベリーヴェリー」作りから。

フレッシュなイチゴを敷き詰めた上に、イチゴのゼリー、イチゴのムースを層にしていきます。

 

 

フードプロセッサーでイチゴを細かくした後、更に網でこすと滑らかな口当たりに。

 

 

 

「ベリーヴェリー」を冷やし固めている間に「スパイシーシフォンケーキ」作り。

 

目からウロコのポイント①
卵黄と卵白を分けるときは計量スプーンを使うと卵黄を傷つけることなく簡単に分けられるんです♪
殻を使って分けると卵黄を傷つけて卵白に入ってしまう事ありませんか?

 

 

 

目からウロコのポイント②
お砂糖と混ぜる卵白は、ゆるやかな角が立つまで泡立てるのがポイント。
泡立て過ぎないことがシフォンケーキを上手に作る大切なポイントです!

 

 

 

手早く型に入れ、170度に温めていたオーブンで50~65分焼きます。

ここでまた、目からウロコのポイント③


『テフロン加工の型は膨らまないのでNG!!アルミの型を使いましょう!!』

 

 

焼きあがったら自然に熱が冷めるまで、シャンパンやワインの瓶に逆さにしておきます♪

竹串を刺して焼き上がりを確かめたくなる方・・・

せめて45分待ってからにしてくださいとの事でした(*^_^*)

 

 

マリー先生のレッスンは実際の作業を見ながら、
抑えるべきポイントを教えてくださるので本当に分かり易いです。

細かく書かれたレシピは勿論お持ち帰りOK。

 

 

これではレシピを真似してサロンで使われてしまうのでは?! 8-O
と心配する生徒さんもいらっしゃいました。
本当にその通りですが、マリー先生は特に規制されていないというから驚きでした。
懐の深さを感じます。

 

いつも優しく微笑みかけるように話しかけてくださる、そのお人柄に惹かれて
サロンに通われる生徒さんもたくさんいらっしゃる事と思います。

 

今回のレッスン、本当はこの後ランチとティータイムの時間もあったのですが、
最後まで参加できず、後ろ髪を惹かれながら帰って参りました。

 

マリー先生、素敵な時間をありがとうございました!!

 

 【関連ページ】

☆横井満里代先生インタビュー http://blog.salonese.org/?p=4396

☆横井満里代先生プロフィールページ http://www.salonese.org/lecturer/detail/20.html

☆サロンドマリー公式ホームページ http://www1.tmtv.ne.jp/~salon-m/

 

[■サロネーゼ自宅サロン訪問記]

2014/01/10

「フルールジョリアール」訪問記♪♪♪

第2回 サロネーゼ アドバイザリーメンバー自宅サロン訪問記

 【訪問先】フルールジョリアール主宰 廣川朋子先生

 

京浜急行金沢文庫駅から徒歩15分のフラワーサロン「フルールジョリアール」は、少人数会員制のフラワーサロン。主に生花とプリザーブドフラワーのレッスンが行われています。主宰の廣川朋子先生は花の国オランダでフラワーデザインを学び、サロンを始めて11年目。教えるだけでなく、ブライダルブーケやギフト制作、イベントやパリ花研修等企画など、大変幅広くご活躍されていらっしゃいます。

 

 

 

白を基調としたシャビーシック系のインテリア。パリのアトリエをイメージしたサロン

家具もご自身で白くペイントされるほどのこだわりぶりです(^^♪

鮮やかな花の色もより一層引き立っていました。

 

看板猫ちゃんチンチラゴールデンの「ブロン君」。

女の子の「monちゃん」はお写真が撮れませんでしたが、同じくチンチラゴールデン。

2匹とも毛がフワフワで人馴れしていました。さすが、サロンの看板猫ちゃんですね。

 

そして今回も前回の「サロン・ド・クロノ」訪問に続き、体験レッスン(花嫁修業とも言われています(*_*; )を受けさせていただく事になりました。

今回体験させていただいたのは「ボックスフラワーアレンジ」。

花材は、ガーベラ・SPROSE・バーゼリア・ローズマリーでした。

 

初心者の私に一から丁寧に教えてくださいました。

 

実は私、高校時代の3年間、草月流の華道部に所属しておりまして、どうも花を短く切る事に抵抗が。華道の経験がある人は最初同じように躊躇されるそうです。

慣れないハサミの使い方に冷や冷やされながら、

「ボックスフラワーアレンジ」の作り方のコツ、

 ☆隙間を作らない

 ☆悩まない

 ☆四隅に色を持ってくる

 ☆花の中心を垂直に挿す

を忠実に守り(守れたのか?)ようやく完成した作品がこちら(^^)/

 

 

廣川先生は、箱を開けたときイイ香りが漂うようにと、必ずハーブを入れるのだそうです。今回はローズマリーの香りに癒されながらの制作になりました。

初めての割にはなかなかの完成度になっていますでしょうか???

先生、ご指導ありがとうございました!

 

 

 

お子様の成長に応じてレッスン内容や形式を変えていらっしゃったという廣川先生。その変化に生徒さんがついてきてくれるか心配されたこともあったそうです。また、子育てと両立できることがサロネーゼの良い所と思う反面、「受講費をもらって教えている」ことに対する責任の重大さを考えて、その両立が中途半端に思え悩んだ時期もあったそう。

 

プロ意識が高く、生徒さん、ご家族を大切に思う廣川先生らしい紆余曲折を経て、11年目の「フルールジョリアール」があるのだなと改めて感じたサロン訪問になりました。

 

 

廣川先生、ご多忙の中ありがとうございました!!

 

───────────────────────────────────
【関連ページ】
☆廣川朋子先生インタビュー http://blog.salonese.org/?p=6042
☆廣川朋子先生プロフィール http://www.salonese.org/lecturer/detail/50.html 
☆「フルールジョリアール」公式サイト http://www.jolie-r.com/
───────────────────────────────────

[■サロネーゼ自宅サロン訪問記]

SALONESE CLUB サロネーゼ倶楽部はこちら

カレンダー

2018年4月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー一覧