2012/01/31

「サロネーゼ」のルーツを考える 完

こんにちは、事務局のKです(^^)/

ここの所の寒さにやられたのか、風邪っぴきです。

事務局にお電話をくださった方、

時々むせたり、むせるの我慢して余計むせたり、

お聞き苦しい声での対応になってしまい、申し訳ありません<(_ _)>

 

さて、前回は、

「お稽古」「習い事」は、『おもてなしの心』を培うためのノウハウであり、

日本の文化に定着してきたというお話をしました。

さて、それのどこが、「サロネーゼ」に通ずるのか?

 

サロネーゼは主に自宅をサロンとしてレッスンを行っています。

まさに、「お稽古」「習い事」これらの延長線上にサロネーゼはあるんです。

 

日本古来の文化から発展し、海外の文化や工芸技術を巧みに取り入れて、

日本人のライフスタイルに合わせてさらに発展を続け、教える内容も実に多様化。

 

さらに、サロネーゼの魅力は単に教えるだけに留まらず、

自宅サロンの雰囲気や、その人柄、ライフスタイルまでもが

教わる者にとって憧れの対象となり、

単なる「お稽古」の先生から、身近な「カリスマミセス」にまで発展し、

はたまたコミュニティの中心的役割まで果たしてしまうのです。

 

「サロネーゼ」は、生徒との関係を単なる師弟関係とは考えていません。

レッスン中は生徒と先生という立場でも、レッスンが終われば友人同士。

レッスン終了後はティータイムへと変わり、

そこでのコミュニケーションを非常に大切にします。まさに、「おもてなしの心」

レッスン後の「おもてなし」の時間をサロネーゼはとても大切にしているのです。

 

そうです、「サロネーゼ」は、「おもてなしの心」を既に持ち合わせた、

「お稽古」の先生であり、「習い事」の先生!!!

古くから受け継がれてきた日本文化の現代版なのです。

 

貴女の自宅や会社の近くにも、きっと素敵な「サロネーゼ」がいるはず。

これからもサロネーゼ倶楽部では、素敵な「サロネーゼ」さんをたくさん発掘していきます♪

「ここにいますよ!」なんて声も大歓迎です。

 

まずは、倶楽部のホームページで

どんな「サロネーゼ」さんがいるか、見てみてくださいね(^^♪

サロネーゼ情報はここから→ http://www.salonese.org/lecturer/

 

これにて、「サロネーゼ」のルーツは完結いたします(^o^>)

[ サロネーゼとは]

SALONESE CLUB サロネーゼ倶楽部はこちら

カレンダー

2020年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー一覧