2016/12/01

「住まいる通信」最終号はインテリア茶箱テーブル。

怒涛のように過ぎた11月。。。

気付いたら11月は公式ブログを一度も更新していませんでした(反省)。

たくさんご紹介したいネタがある中で、まずは「住まいるサロネーゼ講座」のネタから。

 

11月号はインテリア茶箱インストラクター・カルトナージュ講師、

「BOX R」主宰の佐野里江子先生に執筆をご担当いただきました。

 

 

美しくて収納力のあるインテリア茶箱テーブル

住まいるサロネーゼ講座

 

 

防湿・防虫に優れた収納道具として古くから日本人に伝わる「茶箱」。茶葉の保存用・搬送用という本来の用途以外にも、着物やお米、雛人形などの収納箱としても活用されてきました。我が家にも祖母が健在の頃「茶箱」があって、着物を収納していたのを覚えています。

 

その「茶箱」に布や革などを張り、タッセルなどの装飾を施し、オシャレなインテリアに仕立てているのが『インテリア茶箱』です!私も何度も展示会を訪れていますが、和から洋まで張る生地によって印象はガラリと変わりますし、大きさもさまざまあって、実用的でおしゃれでこんなに素敵な収納ボックスは他にはない!と思っています。

 

今回の「住まいるサロネーゼ講座」では、この『インテリア茶箱』を“テーブル”として活用する提案をしてくださいました。内箱(カルトナージュでつくられているようです)を付ければリモコンも収納できて、どこに行ったかわからなくなって探すこともなくなりますね(笑)

 

  

 

お部屋のインテリアに合わせて作れる『インテリア茶箱』は、佐野里江子先生も所属されているインテリア茶箱クラブさんのウェブサイトで詳しくご覧いただけます♪♪♪

 

「BOX R」主宰、インテリア茶箱インストラクター・カルトナージュ講師・

Le Elbon secondlineアロマハイストーン認定講師 佐野里江子先生

http://ameblo.jp/boxr-chabako/

 

 

2013年からコラム連載をさせていただきました「住まいる通信」ですが、本日ご紹介した11月号が最終号になってしまいました。約4年間、たくさんのサロネーゼさんに「繰り返し読みたくなる」「とっておきたくなる」コラムを書いていただきました!

「住まいるサロネーゼ講座」の続きとなるような企画をどこかで出来たらいいなと思っています♪

[■ 「住まいるサロネーゼ講座」連載]

SALONESE CLUB サロネーゼ倶楽部はこちら

カレンダー

2016年12月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー一覧