2016/03/14

サロネーゼ会員 阿竹衣香先生インタビュー

「KINUKA フローラル・ブラッサム」阿竹衣香先生

 

 

-自宅サロン名の由来を教えてください。

A 名前の「衣香」と、成長する・開花するという意味を持つ「ブラッサム」を合わせ、KINUKAフローラル・ブラッサム」と名付けました。

元々はわかりやすいように「衣香花教室」と考えていましたが、当時一緒にスクールに通っていた方に相談したところ「もう少し華やかな教室名が良いんじゃない?」とのご意見。現在の名前に落ち着きました。

 

……………………………………………………………………………………………………………… 

 

-自宅サロンを始めて何年目ですか?

A 今年の1月で満13年を迎えました。

この13年で、子育てなど「働く母親」ならではの悩みにぶつかることもありましたが、レッスンは一度もお休みしたことはありません。

 

 ………………………………………………………………………………………………………………

 

-サロネーゼを始めたきっかけを教えてください。

A 子育て中に、ドライフラワーに出会い、友人3人で自宅ショップを始めたのがきっかけです。まだ長男が3歳、娘が1歳の時でした。それから、きちんと理論を勉強しようと第3子の次男出産後間もなく、「マミフラワーデザインスクール」へ。

土曜日の集中クラス(月1回4レッスン)に4年間通い、夫が3人の子を見てくれました。転勤先の福岡在住の時の事です。講師資格を取得する時は、10日間の集中講義がマミフラワー本校でありました。その時は埼玉の実家に帰省し、母が子ども達を見てくれました。

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

-第一回目のレッスン内容は何でしたか? 生徒さんは何名でしたか?

A フレッシュフラワーのレッスンで4名。

フレッシュフラワー、ドライフラワーと、プリザーブドフラワーのクラスを設置していました。

はじめの頃は、ご近所に何度か教室案内をポスティングしたこともありましたよ。徐々に生徒さんからの

口コミで広がっていきました。

 

 ………………………………………………………………………………………………………………

 

-サロンのインテリアコンセプトを教えてください。

A テーマカラーは「オフホワイト」

「お花が引き立つように」といつも考えています。アトリエのカーテンも、作品が目立つようにと、

カーテンメーカーさんがオススメして下さったので決めました!

 

  

■窓辺でのお写真。カーテン越しのあたたかな光でいまにも花の香りが漂ってきそう。

 

……………………………………………………………………………………………………………… 

 

-サロネーゼの活動についてご家族はどんな風に思っていますか?

A  家族も応援してくれていると思います。

時には、「母親として」「講師として」それぞれの立場で悩むこともありました。以前、子ども達にこのまま教室を続けてもいいか尋ねたことがありましたが、「ママの楽しそうな姿や、笑い声が聞こえてくるのが嬉しい!」と言ってくれて、気持ちが軽くなったのを覚えています。作品展を開催する時は、我が家のイベントのように子ども達も楽しみにしてくれ、事前の細かい準備や搬出作業なども手伝ってくれます。

 

 ………………………………………………………………………………………………………………

 

-サロネーゼをしていなかったら何をしていたと思いますか?

A  元から仕事をしていた「幼児教育・保育」関係の仕事か、おうちが好きなので、例えばパン教室など、何かお教室を開いていたかもしれません。

 

 ………………………………………………………………………………………………………………

 

-好きな場所、癒される場所など、出没スポットはどこですか?

A すばり「海」です。

福岡へ転勤した際、見知らぬ土地での生活や、慣れない子育ての中でいつも元気をくれていたのが「海」でした。アレンジのデザインにも「貝殻」を使った物など、「海」からインスピレーションを得たものもたくさんありますよ!

 

 

■お写真は阿竹先生のブログより

………………………………………………………………………………………………………………

 

-朝は何時に起きますか。起きて一番初めにすることは?

A  6時半に起床しています。起きてすぐに始めるのは3人分のお弁当づくり!

 

「遅いかなー?」とおっしゃった阿竹先生。十分早いです!!

 ………………………………………………………………………………………………………………

 

-レッスン以外で何をしている時間が一番好きですか?

A  美味しいものを食べている時、お友達とおしゃべりをしている時。

 

 ………………………………………………………………………………………………………………

 

-サロネーゼにならなければ良かったと思ったことはありますか?

A  サロネーゼというか…教室をやめたいと思ったことはありません。

毎日がハッピーとは限らない人生の中で、当サロンの生徒さん達は、いつもここで笑顔で過ごして下さいます。大切な時間を使って私の教室に遠方から通って下さる方も大勢です。余程の事がない限り、お約束したレッスンは必ず笑顔で開催したいと思っています。

 

 ………………………………………………………………………………………………………………

 

-サロネーゼで良かったことは何ですか?

A  「花」を通してでないと、「出会えなかった人々」とのご縁をいただけたこと。

それはお仕事を通して、出会えた人、共に頑張る講師達。そして何より生徒さん達です!!

 

 ■サロネーゼ倶楽部「アドバイザリーメンバー」と

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

-いつも心掛けていることは何ですか?

A  必ず笑顔でお迎えし、笑顔でお見送りをすること。

教室での時間を楽しんで頂くために心掛けています。それができない日は、レッスンをお休みしようと自分の中で決めていますが、13年でいまのところ「皆勤賞」。子育てをしながら、また介護もありましたので、これは「奇蹟」だと思います。

 

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

-これからサロンを開きたい方や、始められたばかりの方々にメッセージをお願いします。

A  ひとこと、「女は根性!」

一度やると決めたことは、覚悟を持って取り組みましょう。そして、謙虚な気持ちを持ち続け、生徒さんの100倍勉強して、「人生のエッセンス」となるような知識をいつも与えられるように意識しましょう!

 

 ………………………………………………………………………………………………………………

 

-阿竹先生からお知らせ!

KINUKAフローラル・ブラッサム 「生徒作品展&ブーケショー」

日時:2016610日(金)~12日(日)

場所:ふじみ野市立産業文化センター ギャラリー

   (東武東上線・地下鉄有楽町線副都心線・ふじみ野駅西口より徒歩4分)

 

今回のテーマは「花で伝える愛」。

 

6月12日(日)13時からは、

生徒さんの思い溢れるオリジナルブーケを、生徒さんが持って歩く、

ショータイムを開催します。

 

是非ともご来場くださいませ。

お楽しみに!

 

■お写真は阿竹先生のブログより

 

ハロウィンの時期は毎日仮装をして生徒さんを迎えるという阿竹先生。

ユニークな先生の教室には、その優しい人柄につながるように、

レッスン中も、お互いにサポートしあう生徒さんが印象的でした。

 

阿竹先生、お時間を頂きありがとうございました!

 

………………………………………………………………………………………………………………

 

【関連ページ】

 

 

★阿竹衣香先生「KINUKA フローラル・ブラッサム」訪問記 

http://blog.salonese.org/?p=7615

★阿竹衣香先生プロフィールページ 

http://www.salonese.org/lecturer/detail/22.html

埼玉ふじみ野花教室「KINUKAフローラル・ブラッサム」花のある優しい暮らし

http://ameblo.jp/kinuka-f-b/

 

 

[■サロネーゼ自宅サロン訪問記]

SALONESE CLUB サロネーゼ倶楽部はこちら

カレンダー

2016年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー一覧